有酸素運動と無酸素の違いについて


スポーツジムでは主に有酸素運動と無酸素運動の二つのトレーニングを行うことができます。中には、有酸素運動も無酸素運動も同じではないかと思っている人もいますが、別物になります。さらに、目的によってどちらのトレーニング方法を選んだ方がいいかも変わってきます。スポーツジムに通う前に知っておきたい情報ですので、ここでは有酸素運動と無酸素運動の違いについて説明します。

有酸素運動についてですが、有酸素運動とは軽から中くらいの負荷を継続的にかける運動です。酸素を使って筋肉を動かすエネルギーの脂肪を燃焼させる運動を有酸素運動と言います。ではどういった運動が有酸素運動かというと、水泳やジョギング、ウォーキングやサイクリングなどが挙げられます。

続いて無酸素運動ですが、これは短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動のことを無酸素運動と言います。有酸素運動とは違い酸素を使わずに筋肉を作り出すことから無酸素運動と言われています。では、そんな運動があるかというと、筋力トレーニングやウエイトリフティングなどが上げられます。このように、トレーニング内容も異なるので、これからスポーツジムに通うなら違いについて理解しておくといいでしょう。

 

筋トレの頻度について

スポーツジムの中でも筋力トレーニングを行いたいと思っている人は多いかと思いますが、筋トレなどの無酸素運動を行う時には効率よく進めるためにも頻度を知っておくことが大切になります。一般的にどのくらいの頻度で行うと効率よく進めることができるのかについて説明します。

まず筋トレなどの無酸素運動を行う時には、休憩も挟みながら進めることが大切だということを知っておきましょう。人によっては毎日筋トレを行って早く筋力を付けようと思っている人がいますが、基本的には毎日行うと筋力に対する負担が大きくなり過ぎてしまい、逆効果となることもあります。効率よく筋力をつけるためには休憩を挟みながら行うことが大切なので、例えば筋肉痛などが酷い場合には無理をせずに有酸素運動をするなどして休憩を挟むようにするといいでしょう。

また、ダイエットを目的としている筋トレの場合はなるべく有酸素運動もミックスさせて行った方がいいでしょう。なぜ有酸素運動をするといいのかというと、脂肪を燃焼させることができるからです。脂肪を燃焼させて筋肉を鍛えればより効率よくダイエットを行うことができます。

このように、スポーツジムに通う時は説明した2つのことを頭に入れておくといいでしょう。